遠征編

【川崎市の魅力と誤解】よそ者が抱く川崎市のイメージとは

神奈川県川崎市といえば、どんなイメージですか?

おそらく…東京と横浜の間、工業地帯、ドヤ街、競輪・競馬場…

そんなイメージでしょうか?

しかし近年、そんなイメージは払拭されつつあります。

川崎市ほど誤解されてる都市も珍しいんじゃないかな…と思います。

川崎市の魅力とは?

結論から言うと、川崎市はオシャレな街で大変便利で住み良い街です。

筆者はかつて三度ほど、東京でも横浜でもなく川崎に滞在した事があります。

思っていたイメージとはかけ離れた街だった事に驚きました。(良い意味で)

ではなぜ筆者は川崎市に「暗いイメージ」を持っていたのでしょうか?

今回はその原因を探り、川崎市の魅力について考察し、同市のイメージアップと名誉挽回のお手伝いをしていきましょう!(おまえ、誰やねん)

川崎市の概要

川崎市は神奈川県北東部、東京都とのちょうど境目に位置します。

面積こそ狭いものの、人口150万人は横浜市に次いで神奈川県で2番目です。

川崎大師には例年数多くの参拝客で、正月ともなれば初詣客でごった返します。

鉄道はJR線・京急線があり、川崎駅を発着とするJR南武線はタワマン林立の武蔵小杉駅、ドラえもんミュージアムの登戸駅、東京競馬場の府中本町駅などを経由して終点・立川駅まで結びます。

現在アクセス増加中の路線です。

充実する駅周辺の商業施設

2000年代に入ってから駅周辺の商業施設の発展が著しいです。

ラゾーナ川崎、ラ・チッタデッラ、ミューザ川崎シンフォニーホール。

筆者はチッタデッラ内(地元民はチッタと呼ぶそうです)の映画館・チネチッタとミューザ川崎へ行きましたが、どっちもオシャレで驚きました。

誰や、工業の灰色の街とか言うたのは・・・。

 

オシャレな映画館・チネチッタは夜が絶景!!

ミューザ川崎シンフォニーホールでクラシックコンサートを…。

途中で寝ましたけど(笑)

夜景スポットの京浜工業地帯

川崎市といえば京浜工業地帯ですよね。

工業地帯と聞くと、「公害」「汚染」だのネガティブなイメージですが、今は違いますよ~。

工場夜景は今や夜景スポットの定番!

工場夜景クルーズって船で海の上から観賞できるイベントもあります。

筆者も実はこの工場夜景に釣られて川崎に行った者です。(笑)

この時は、川崎駅からバスで東扇島まで行きました。

川崎市はバスも充実していて、川崎バスが市内をいろいろ巡回します。

川崎市の動画

 

 

 

スポーツ王国・川崎

川崎はスポーツでも他を圧倒してるのですよ。知っていましたか?

川崎フロンターレ

サッカー・Jリーグの川崎フロンターレは、小林悠、大島僚太、家長昭博、車屋紳太郎、谷口彰悟などなど強力な布陣で2017年・2018年とリーグを連覇!

今季も目下9連勝中(8/16現在)と、優勝に最も近いチームです。

川崎ブレイブサンダース

バスケットボール・Bリーグの川崎ブレイブサンダースは、優勝経験こそないもののプレーオフの常連。

辻直人、篠山竜青、ニック・ファジーカス・・・この辺は超有名選手ですね。

筆者は地元・滋賀の応援で観戦した事があるのですが、「もうあとちょっとで勝てそうだったのに~~。」って試合が多々ありました。

なんやかんやで最後は勝つ!…川崎ブレイブサンダースはそんなチームです。

富士通フロンティアーズ

アメフトのⅩリーグのチームです。

ジャパンエックスボウル(社会人選手権)、4連覇中。

正月のライスボウルでも大学勢を全く寄せ付けず、無敵を誇っています。

幼少期に植え付けられた筆者の川崎市のイメージ

これまで、川崎市の魅力についてお伝えしてきました。

これからは、なぜ筆者が川崎市にネガティブなイメージを持っていたか解説します。

今までさんざん褒め称えておいて堕とすんかい!!って話なんですが、まぁ最後まで聞いてください。(笑)

理由はハッキリしています。ズバリこれ!!

ロッテ・オリオンズ

筆者は幼少期からプロ野球を見て育っています。

当時のプロ野球はセ・リーグとパ・リーグの格差が激しく、その中でも川崎市をホームタウンにするロッテ・オリオンズ(現・千葉ロッテ・マリーンズ)はパ・リーグの最下位を争う不人気球団で、さらに暗くて汚い川崎球場と相まって暗黒期真っ只中のチームでした。

ロッテ・オリオンズ

かつて川崎市に存在したプロ野球・パ・リーグの球団。

1978年に川崎市の川崎球場をフランチャイズに置き、1992年に千葉市へ移転。

球団名もロッテ・オリオンズから千葉ロッテ・マリーンズに変更になる。

暗黒期の1980年代後半~1990年代初頭は、Y・K・K(弱い・球場が汚い・客がいない)チームといわれ、当時ドラフト1位で指名した大学生投手には、「最も行きたくない球団。残念だ。」と門前払いされ、入団拒否されたりもした。

しかし、選手は魅力的な選手が多く、村田兆治落合博満有藤通世愛甲猛リー牛島和彦西村徳文などが在籍しており、今だったらかなりの人気チームになっていたんじゃないかな~と思います。

現在の、熱いファンに囲まれた華やかな千葉ロッテ・マリーンズには考えられない不遇の時代があったのです。

筆者はその時代のロッテ球団を知っていて、幼少期の強烈なイメージがそのまま川崎市のイメージへと変わっていったのですね。

でも今にして思えば、昭和チックなレトロなチーム。

もっとじっくりと見ておけば良かったな~とも思います。

・・・さらにこんな出来事もありましたね。

ヴェルディ川崎、東京移転問題

1993年、サッカーのJリーグが開幕し、世はサッカーブーム。

その人気の中心にいたスター軍団「ヴェルディ川崎」(現・東京ヴェルディ)が、川崎市から東京に移転したいと言い出して、騒動になりました。

もうこれは、筆者的には決定的でしたね。

東京うんぬんよりも、川崎市に対して

「ロッテに出ていかれた挙句にヴェルディにも出ていかれるって、川崎って一体どんな都市なんだ!」と・・・。

よってここに、「川崎市=ネガティブ」の図式が完成したのです。

まとめ

今回は川崎市の魅力と筆者が持っていたネガティブイメージを考察していきました。

大人になって川崎市を訪れた時、あまりのオシャレさと便利さと過ごしやすさに驚いた記憶があり、以降関東にバカンスに来た時も川崎市をチョイスした事もありました。

また川崎市民や近郊の方のお話も聞きたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

ブログランキング参加中!ポチッと応援お願い♪