かってに滋賀県観光大使

【草津市】近江牛100%ハンバーガー・カウズクラウンと草津駅

草津市は人口約14万人滋賀県第二の都市になります。かつては『大津市vs彦根市』というのが滋賀県の覇権争い構図だったのが、近年は『大津市vs草津市』になっています。

JR南草津駅は県下No.1の乗降客数をほこり、No.2はJR草津駅です。それだけでも草津市の勢いがわかろうというものです。

そんな草津駅の西口に、2021年1月末に注目のお店がオープンしました。『COWS CROWN(カウズクラウン)』、近江牛100%のハンバーガー店です。

さらに草津駅の東口には歴史ある街並みがあります。今回は草津駅東・西口の新旧対照的なスポットを楽しんでいただこうと思います。

草津駅西口・COWS CROWN(カウズクラウン)

カウズクラウンは2021年1月末にオープンしたハンバーガー店です。店内で食事したり、テイクアウトも用意されています。

このお店は草津市、湖南市の焼肉店が手掛けています。近江牛100%のパティが最大の特長です。

カウズクラウンの概要

住所 草津市西大路町2ー2 西田ビル1F
電話 077ー518-8030
営業時間 11:00~15:00(L.O14:30)

17:00~21:00(L.O20:30)

定休日 毎週水曜日
駐車場 なし
開業 2021年1月

 

アクセス

電車

JR草津駅・西口からスグです。西口を出て一つ目の交差点の角のビルの一階です。

ちなみに草津駅を始発とするJR草津線は国鉄時代から走る113系車両が今も現役で活躍しています。色は抹茶カラーで地元民に親しまれています。

JR草津線(じぇいあーる・くさつせん)

JR草津駅から北東へ向かうローカル路線。湖南市、甲賀市を通り、終点は三重県の柘植(つげ)駅になります。

 お車

駐車場はありません。近くのパーキングに停めましょう。

カウズクラウンに入店するぞ!

ドアを開けて店内に入ると、オープン間もないこともあり花が飾られていました。もちろん店内はきれいで感染症対策もバッチリでした。

筆者は土曜日の14時頃に入店。行列に並ぶこともなくすんなりと入店できましたが、お昼時や夕方には行列になるそうです。

テーブル間隔は広めに配置されており、約10席くらいありました。

ハンバーガーメニュー

ハンバーガーはどれも1,000円以上します。一番高いもので、モンスターという近江牛パティ三枚入りの商品で、3,168円(税込)です。めっちゃ惹かれましたが、無難なカウズクラウンバーガーを注文しました(笑)。

カウズクラウンバーガーを注文したわ!

では、カウズクラウンバーガーを投下しま~す。

どか~~ん!!

角度を変えてもう一枚。

肉削ぎバージョンもご覧いただこう…

肉汁がかなり飛ぶので、注意しましょう。

また、ハンバーガーだけでなくステーキも注文できます。

アルコールメニュー

滋賀県のクラフトビールが揃っています。筆者は近江八幡のオージーペールエールを注文しました。

正直、缶じゃなくて、お洒落なグラスに注いで持ってきてくれた方が雰囲気出てよかったのにと思いました(笑)。

テイクアウト注文方法

カウズクラウンはテイクアウトも行っています。オープン当初は現在の状況もあってか、テイクアウトの方が忙しかったようですね。

受付時間 11:00~14:30、17:00~20:30
受付方法 店頭に電話(077-518-8030)

 

カウズクラウンの動画

 

草津駅東口・草津宿

ではここからは草津駅東口の歴史ある街並みを紹介しましょう。

草津市はかつて宿場町として栄え、東海道と中山道の合流地点がある事で有名です。

それでは歴史街道に向かいましょう。

アクセス

草津駅東口を出て、一つ目の交差点を右折してそのまま南下するとトンネルがあります。トンネルをくぐるとすぐに中山道と東海道の合流地点や市民センター(まちづくりセンター)などがあります。

草津市の歴史街道を満喫しよう

追分道標 (おいわけどうひょう)

トンネルを出たところに道標があります。これが中山道と東海道の合流地点です。道標は江戸時代に建てられました。現在でいう道路標識です。

『右東海道いせみち』、『左中仙道美の(美濃路)』の表記があります。

向かいには高札場址があります。

この通りは結構、車通りが多いので注意しましょう。

高札場(こうさつば)

領主が決めた掟書(おきてがき)を人目のつくように掲げる場所の事です。

 

市民センター

追分道標の隣には市民センター(草津まちづくりセンター)があります。ここで草津宿の紹介などが掲げられています。

レトロなポストや、『時の旅人』という独特の銅像も建てられています。見たことある方もおられるんじゃないでしょうか?

草津宿本陣

そのまま南下すると草津宿本陣があります。江戸時代の宿泊施設がそのまま残っています。

残念ながら資料は撮影不可だったので外観だけご覧いただきます。

お風呂やトイレ、さらには格式の高い部屋などがあり、面白かったです。

格式の高い部屋は、当時は高級だったのでしょうが、今思うとかなり狭いです(笑)。

草津宿本陣と近くにある草津宿街道交流館の両方入館できる共通券¥350円でした。

まとめ

草津駅周辺の新旧のスポットをお伝えしました。今回、メインで紹介した近江牛100%のハンバーガーのカウズクラウン、ベーコンが美味しかったです。ぜひ訪れてみて下さいね。

ではまた。

 

ブログランキング参加中!ポチッと応援お願い♪