京都

【京とれいん雅洛(がらく)】~走る日本庭園!~の感想

こんにちは、夢旅案内人・まいあみチャンネルへようこそ。

アドセンス合格後、一発目はこれで行きます。

大好きな観光ネタ続きます。

 

また記事のタイトルに釣られた読者のみなさん、アホちゃいます?ご訪問ありがとうございます(笑)。

 

今日は「走る日本庭園」を紹介します。

また変な超常現象をどこから引っ張ってきたねん!ってお思いでしょうが、本当に走ります。

走る日本庭園・雅洛(がらく)とは?

ズバリ、電車です(笑)。

まさか庭園から足が生えて走ると思われましたか?そんなワケはありません(笑)

今日は阪急電車の「京とれいん雅洛」の紹介になります。

こんな方にオススメの記事です

・優雅な観光列車が好きな方

・京都~大阪間を優雅な気分で旅行したい方

・観光列車を安い運賃で乗りたい方

・純和風で純粋な心をお持ちの筆者みたいな方

阪急電車の概要

阪急電鉄株式会社は阪急阪神ホールディングスの子会社で京阪神間を結ぶ大手私鉄になります。

関西地方は私鉄の激戦区で阪急の他に、阪神京阪近鉄南海などがありますが、阪急といえば、やはりえんじ色の車体で上品で優雅なイメージですね。

2011年、その上品なイメージそのままに阪急・京都本線(京都河原町~大阪梅田間)で「京とれいん」の運行を開始します。

シートなど内装を京町家風に施した車両で話題を集めました。

 

それから8年後の2019年3月によりパワーアップした「京とれいん雅洛」が登場します。

今回紹介するのは新しい「京とれいん雅洛」の方です。

「京とれいん」と「京とれいん雅洛」

京とれいん

快速特急A(停車駅・烏丸(からすま)駅、桂駅、淡路駅)

土曜・休日ダイヤのみ運行、1日3往復

車両・6300系

特徴・主にシートの柄が京都風

 

京とれいん雅洛

快速特急(停車駅・烏丸駅、桂駅、淡路駅、十三(じゅうそう)駅)

土曜・休日ダイヤのみ運行、1日4往復

車両・7000系(車幅広い)

特徴・初代が主にシートだったのに対し、こちらは入った瞬間に京町家です!!何ならミニ庭園まであります。

どちらも特別料金無しで乗車できます。

つまり京都河原町~大阪梅田間、約45分・最大400円で行けちゃうのです!

 

京とれいん雅洛の動画

 

 

充実の京町家風・観光列車

6両編成の京とれいん雅洛は、1車両ごとにコンセプトがあり、1号車から順に「秋」→「冬」→「春」→「夏」→「初秋」→6号車「早春」になります。

…まぁこの辺、4両編成なら「春夏秋冬」でバッチリ収まったのでしょうが。(笑)

車両によって、畳のシート、窓際カウンターシート、ボックスシートなど様々です。

あぁ…和風。

個人的に残念だった「特別料金・指定席なし」

先ほど「特別料金なし」最大400円で乗れると書いたのですが、筆者のようにこの列車に乗るのが目的の人間にとっては、これは致命的なんですよね~。

筆者は京都河原町駅から乗ったのですが、次の烏丸駅でどんどん人が乗ってきたので、大混雑。

座席は早い者勝ちになります。

こういう特別な列車こそ、特別料金を設けて事前予約の座席指定にしてノンビリ楽しみたかったです。

そこが残念だった点ですね。

ですが、たまたま乗り合わせた方にとってはラッキーだったのではないでしょうか?

まとめ

以上「走る日本庭園」こと、京とれいん雅洛の紹介でした。

やはり「和」をモチーフにした観光列車は大人気で、写真撮影目的の方も多かったと記憶しています。

京都から大阪梅田方面へ向かう方は、乗客の少ない始発駅の河原町駅から乗車される事をオススメします。

次の烏丸駅でめっちゃ人が乗ってきます。

今年はコロナの影響でしばらく運休が続きましたが、この7月から運行再開されています。

ぜひ「京町風観光列車」体験してきて下さいね。

ではまた。

 

ブログランキング参加中!ポチッと応援お願い♪