かってに滋賀県観光大使

休暇村・近江八幡西館の近江牛ビュッフェと東館との違い

休暇村は国定公園などの景色と環境の優れた場所に滞在できるようにと設置された保養施設です。

一般財団法人休暇村協会が運営し全国に37か所あります。
滋賀県には近江八幡市に休暇村があります。しかも西館と東館に分かれています。

これから休暇村近江八幡市に宿泊しようと思っているけど、西館or東館どちらにしようかな~と悩んでいるアナタ!

この記事を読んで西館と東館の違いをバッチリ学習して、どちらにするか決めちゃってください。

筆者が今回取材したのは西館になります。また、休暇村近くの長命寺も紹介します。

休暇村近江八幡・西館

休暇村・近江八幡1962年(昭和37年)に誕生しました。現在全国に37か所ある休暇村の記念すべき第一号です。(現在の東館)

1981年(昭和56年)には西館もオープンしました。
その後、東館がリニューアルされているので、綺麗になっているのが東館、レトロな雰囲気なのが西館…ということになります。

西館と東館の違い

・東館は道を挟んで丘側、西館は琵琶湖畔。

・東館には露天風呂がある、西館は内湯のみ。
(ただし西館宿泊者でも、移動して東館の風呂に入浴可)

・東館は近江牛会席、西館は近江牛ビュッフェ。

・東館は和室・洋室両方あり、西館は和室のみ。

…つまり、ちょっと豪華な東館と、設備は古いが近江牛ビュッフェとびわ湖が目の前…などなど魅力いっぱいの西館に分かれます。

写真 休暇村・近江八幡東館 休暇村HPより

休暇村・近江八幡西館の概要

住所 近江八幡市沖島町宮ヶ浜
電話 0748-32-3138
駐車場 あり(500台・無料)
客室数 和室35室(8畳28室・10畳6室・20畳1室)
大浴場 あり(内湯のみ)
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
公式HP 休暇村・近江八幡公式サイト

アクセス

電車・バス

JR近江八幡駅(北口)より近江鉄道バス・休暇村行き(終点)約45分。

JR近江八幡駅より無料送迎バスあり。

 15:15発16:45発18:00発(要予約)

お車

近江八幡市には高速道路のI.Cは無く、最寄りインターは彦根I.C(約25km)、竜王I.C(約25km)になります。

また近江八幡市の市街地からはかなり離れています。買い込みはお早目に!!

駐車場は無料で広々、西館の敷地内には4か所あり約500台収容できます。

休暇村・近江八幡西館の動画

館内に入るぞ!

それでは館内に入ります。ちなみに正面右側には近江牛の店舗があります。

1Fロビー

館内に入るとすぐにびわ湖の大パノラマが望めます。
ちなみにここから直接外に出れます。正面は宮ヶ浜水泳場で、普段はにぎわいを見せるのですが2020年夏は感染症の影響で閉鎖されていました。

ちなみに宮ヶ浜水泳場はテレビで有名な鳥人間コンテストの初代会場として有名ですね。
第4回大会から彦根市の松原水泳場に会場変更になりました。

【レトロホテル】わかりやすい彦根ビューホテルの解説と楽しみ方琵琶湖畔にたたずむ彦根ビューホテル。 しかし、お洒落な外観や名前にそぐわず低い口コミレビューが気になります。 観光名所が集う彦根...

1Fロビーの右手にはレストラン、左手には売店がありました。

宮ヶ浜の湯

1Fロビーから続く通路を渡ると、宮ヶ浜の湯があります。
大浴場ですが、内湯のみです。

ちなみに大浴場に向かう途中にマッサージ機やコインランドリー、喫煙所や色浴衣レンタルがありました。

部屋に入るぞ!

今回宿泊するのは西館最上階の3Fの8畳和室です。
西館に洋室は無く、和室のみです。(8畳、10畳、20畳)

玄関口

入って右手にルームキーを置く場所が設置されていました。

また浴衣やタオル類と一緒にゴム製のカゴが用意されていました。
浴場に行くときに持っていく用です。
何気にコレは便利でしたよ。

レイクビューの部屋

レトロな和室です。びわ湖を見ろ!と言わんばかりにソファーが外向きに設置されています。(笑)

近江牛ディナービュッフェ

ではでは西館の目玉と言える近江牛ディナービュッフェのお時間です!
会場は1Fのレストランです。

会席が基本の東館でも期間限定イベントで近江牛ビュッフェを開催することもあります。

感染症対策バッチリ!

料理を取りに行くときはマスク、手袋着用必須です。
これはもうマナーになっています。

近江牛がメインですが、数々の料理がズラリと…。

近江牛

すき焼き用のお肉は取り放題です。

近江牛グリルはお席での注文になります。
スタッフの方に注文すると、シェフのおっさんが焼いて、持ってきてくれます。
もちろん、食べ放題になります。

すき焼きが大好きな方におススメしたい、西館の近江牛ディナービュッフェでした。
筆者は他の料理も楽しんでいたので、そこまでお肉を食べたワケではありませんが、若い人はガッツリいけるんじゃないでしょうか!?

もちろん、名物の赤こんにゃくも入れてみました。(笑)

長命寺

ここからは休暇村の近くの長命寺(ちょうめいじ)の紹介になります。
長命寺は長命寺山の標高250mに位置しています。

かつて聖徳太子が開基し、平安時代には本堂など大部分が建立され一度焼失しますが室町時代に再建しました。

開基(かいき)

仏寺などを創立する事。また創立にともない経済的に支持する事。

アクセス

西国三十三カ所・第31番札所

長命寺は西国三十三所の31番目の寺院になります。

西国三十三所(さいごくさんじゅうさんしょ)

近畿一円と岐阜地方に33か所点在する観音菩薩を祀る寺院のこと。

三十三か所をめぐる西国三十三所巡りは人気があります。

808段の石段

長命寺の名物といえば808段の石段です。(中腹に駐車場があるので、途中まで車で行けます。)

石段は整っており、上りやすいです。たまに石段ダッシュする方おられるみたいなのですが、基本参拝客用なので石段トレーニングなどは控えましょう。(ってか怪我する恐れもあるし…。)

重要文化財の本堂と三重塔

石段を制覇すると本尊(ほんぞん)が見えてきます。
特に本堂と三重塔は重要文化財に指定されています。

実はそこからさらに石段があり、一番上まで行くとびわ湖が望めます。

まとめ

近江八幡市にある癒しの宿、休暇村近江八幡・西館と長命寺を紹介しました。
両方とも駅や観光スポットからかなり離れています。

バスや車で来ることになるでしょう…。

ではまた。

ブログランキング参加中!ポチッと応援お願い♪