その他

【三重県】新名神高速道路と鈴鹿パーキングエリア【F-1推し】

中京圏から阪神圏への大動脈だった名神高速道路。しかし、慢性的な渋滞に悩まされていました。
それを解消すべく、満を持して登場したのが中京圏から三重県を経由して阪神圏をつなぐ新名神高速道路です。

この新動脈はこれまでの名神高速道路の渋滞を解消しただけでなく、東海地方随一の工業地帯・四日市市と阪神間の移動を容易にしました。

現在、滋賀県・大津JCT(ジャンクション)~大阪府・高槻JCTが工事中で(一部開通)、これが完成すればさらに移動がスムーズになるのではないでしょうか?

今回はその新動脈・新名神高速道路とご当地色ムンムンの鈴鹿パーキングエリアを紹介します。

新名神高速道路

新名神高速道路は2008年(平成20年)、三重県の四日市JCT(ジャンクション)~滋賀県の草津JCT間が開通されました。

さらに兵庫県・神戸JCT~大阪府・高槻JCT間も開通。

あとは、新たに新設される滋賀県・大津JCT~大阪府高槻JCT間の開通が待たれます。

これが開通すれば、京都市や大阪市などの大都市を通過する事なく名古屋と神戸を直線的につながります。

2026年(令和8年)、全線開通予定です。

新名神高速道路と鈴鹿PAの動画

滋賀県と新名神高速道路

新名神高速の開通は滋賀県にも大きな影響を与えています。
特に甲賀市はかなりの恩恵を受けていて、これまで滋賀県内でも秘境のイメージの濃かった甲賀市ですが、京都・大阪からでもアクセスが容易になりました。

信楽I.C

甲賀市の信楽(しがらき)は県下有数の観光地として有名です。信楽焼のたぬきの置物は全国区です。

これまで信楽の中心街へ向かうには、主要道路から険しい山道を通らなければならなかったのですが、新名神開通以降は信楽I.Cから約10分足らずで到着します。

【甲賀市】信楽駅から徒歩で行ける観光スポット【スカーレット】甲賀市は忍者で有名ですが、同じ甲賀市でも信楽(しがらき)町に入ると雰囲気がガラリと変わります。そうです!信楽焼のタヌキは有名ですよね。 ...

甲南I.C

甲賀市甲南町の甲南I.Cです。ここから甲賀市の中心街や忍者屋敷、忍術村にアクセスできます。

【甲賀市】甲賀の里・忍術村で忍者体験【忍者】甲賀(こうか)市は滋賀県南東部に位置し、三重県との県境にあります。 甲賀は忍者発祥の地として有名ですよね。かつての甲賀郡にあった7...
また甲南I.Cにはパーキングエリア(甲南P.A)も併設されています。
また動画の方にも収録してあるので、ぜひご覧くださいね!

甲賀土山I.C

甲賀市土山(つちやま)町、通称『あいの土山』です。
土山町は宿場町として歴史があります。(土山宿)

土山茶『あいのつちやまマラソン』でも有名ですね。

甲賀土山I.Cを過ぎて、もう少し三重県方面へ行くと土山S.A(サービスエリア)があります。

近江大鳥橋

大津JCT~信楽I.Cの間の金勝山(こんぜやま)トンネルを通り抜けると近江大鳥橋(おうみおおどりばし)があります。

橋長、約500m(上り495m、下り555m)。
二羽の鶴が飛ぶ姿をモチーフにして作られた橋です。

鈴鹿パーキングエリア

ここからは三重県の鈴鹿(すずか)パーキングエリアを紹介します。
鈴鹿といえば鈴鹿サーキットですよね。

この鈴鹿PAもそんな期待に応えるべく、サーキット仕様になっていて面白いです。
では、さっそく紹介していきましょう。

鈴鹿パーキングエリアの概要

鈴鹿PAは上下集約型です。つまり、上り線・下り線から同じ店舗にアクセスする形になります。

鈴鹿PA(パーキングエリア)新名神高速道路

鈴鹿I.C(インターチェンジ)東名阪道にあります。
ややこしいのでお間違えの無いように…。

鈴鹿PAのフードコート

鈴鹿の頭文字『S』のモニュメントの他に、大阪の『O』・名古屋の『N』のモニュメントもあります。

充実のソフトクリーム

鈴鹿PAのフードコート、ソフトクリームが充実しています。
名物のパリパリソフトと果肉ソフトがあります。

筆者は夏レモンソフトもいただいたのですが、撮影に夢中で知らぬ間に溶けだしていました。

松阪牛の牛串

三重県といえば松阪牛ですよね。
松阪牛の牛串は一本1,500円もします。…すごい。

筆者はここでは食べなかったのですが、その後三重県のホテルで松阪牛をいただいてきました。

【三重県】湯の山温泉オテル・ド・マロニエと廃墟ホテル【恋結び】三重県三重郡菰野(こもの)町の湯の山温泉(ゆのやまおんせん)は現在、廃墟ホテルと現役ホテルが入り混じるカオスな温泉街です。 その異...

鈴鹿墨

鈴鹿は墨(すみ)も有名です。ショーケースには伝統工芸品の鈴鹿墨が展示されています。

サーキット仕様の鈴鹿PA

鈴鹿PAにはマシンも展示されています。これは半年に一回くらいの周期で入れ替わります。

上の写真のマシンはHondaがF1に参戦して二勝目を飾った時のマシンです。
(1967年・イタリアGP優勝・Honda RA300)

充実するレーシンググッズ

レーシングスーツが展示され、ウエアやシャツ、キーホルダーなどの小物類まで揃っていました。

お菓子もあるわ!

鈴鹿サーキットをモチーフにしたお土産・お菓子もあります。

筆者が気に入ったのは『タイヤカスさきいか』です。
レース場に散乱しているタイヤのゴムカスに見立てたさきいかです。

見た目は真っ黒でも、味はさきいかで美味しかったです。
パッケージの注意書きもナイスでした(笑)。(詳しくは動画で!

レース音のするトイレ

鈴鹿PAの男子トイレの一か所に、流すとF1レースの音が流れるトイレがあります。

動画にも収録してあるので是非楽しんでみて下さいね。
『誰得やねん!!』って思いますが、鈴鹿らしくてシュールで笑えます。

一か所だけサーキットの写真がたくさん貼ってあるトイレがあります。
そこで聞けます。

まとめ

新名神高速道路と三重県の鈴鹿パーキングエリア紹介しました。

新名神開通以降は、当初のもくろみ通り名神高速道路の渋滞は解消されました。
しかし、四日市付近の渋滞が問題になるなど、まだまだ課題もありそうですね。

これからの整備にもきたいしたいですね。ではまた。

ブログランキング参加中!ポチッと応援お願い♪