その他

【三重県】湯の山温泉オテル・ド・マロニエと廃墟ホテル【恋結び】

三重県三重郡菰野(こもの)町湯の山温泉(ゆのやまおんせん)は現在、廃墟ホテルと現役ホテルが入り混じるカオスな温泉街です。

その異様さから不穏な空気がただよい、実際に心霊スポットにもなっています。

しかし、その不穏な空気に似つかわしくない別の『あるパワースポット』としても有名です。

今回はそんな廃墟ホテルの混在する湯の山温泉と、その混在地にそびえたつ中世ヨーロッパ風の立派な現役ホテル『オテル・ド・マロニエ』の宿泊レビュー、そして湯の山温泉の人気観光スポットの御在所ロープウェイを取材しました。

湯の山温泉 オテル・ド・マロニエ

オテル・ド・マロニエは湯の山温泉にある、中世ヨーロッパをイメージした現役ホテルです。
1993(平成5年)に開業以来、廃墟ホテルが乱立する湯の山温泉街において、その存在感は圧巻です。

まずは、オテル・ド・マロニエのレビュー記事になります。

オテル・ド・マロニエの概要

住所 三重県三重郡菰野町菰野字湯ノ山8563
電話 059-392-3210
駐車場 あり(54台無料)
大浴場 あり
客室数 52室
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
公式 オテル・ド・マロニエ公式HP

 

湯の山温泉・オテル・ド・マロニエの動画

アクセス

 電車

四日市駅→湯の山温泉駅(タクシーで約10分)

湯の山温泉駅より送迎バスあり。(ホテルにお問い合わせください。)

 

お車

新名神高速・菰野I.Cより約10分。

東名阪・四日市I.Cより約20分。

中世ヨーロッパ風の外観

館内に入る前にオテル・ド・マロニエの外観をチェックしておきましょう。
オテル・ド・マロニエの特長のひとつに、圧倒的なスケールをほこるこの外観があります。

上の写真はロープウェイからのオテル・ド・マロニエの外観です。茶色のレンガと淡いグリーンの屋根のコントラストが絶妙です。

さらに周りが廃墟ホテルっていう事も、オテル・ド・マロニエの荘厳さに拍車をかけています。

夜のホテル外観

夜の外観はさらに妖しい洋館の雰囲気が出ています(笑)。

軽く周辺の散策も行ってみたのですが、結構怖かったです。

夜の廃墟ホテルの散策は大変危険です。壁や床がもろいので怪我をする危険性もあります。基本、立ち入り禁止なので絶対に入らないようにしてください。

実際に『出る!』との噂もあります。身を案じる行動をおこなってください。

館内に入るぞ!

では、いよいよオテル・ド・マロニエの館内に入って行きましょう!

1F フロント&ロビー

ロビーにはレトロなソファー、シャンデリアなどがありました。
特にこの仕事をするようになってから、筆者は必ずと言っていいほどシャンデリアはチェックします。

1~2階が吹き抜けになっている場所があるのですが、そこから見るシャンデリアも優雅でした。

喫茶『森の精』

1F、入って左手に喫茶『森の精』があります。
朝~夕のデイタイムと夜のナイトタイムの二部制になっています。

筆者が訪れた際は誰もいませんでした(笑)。こちらもレトロな雰囲気でした。

1F 売店

1F入って右手には売店があります。湯の山温泉といえば『折鶴(おりづる)伝説』です。
折鶴伝説については次項の『湯の山温泉・廃墟』の項で解説していきます。

売店にはご当地名物が多数揃っていました。

大浴場

1Fの一番奥には大浴場があります。チェックイン~チェックアウトまでいつでも入浴可能です。(サウナは夜間休止)。

この大浴場が意外と良くて、天然温泉100%で内風呂・サウナ・露天風呂・打たせ湯がありました。

タオル類、浴衣は部屋から持っていきましょう。

2F レストラン『山波』

2Fのレストラン・山波(やまなみ)
座敷席とテーブル席があります。事前に座敷席を選択しておきました。

今回は松阪牛の会席プランでした。

朝食もバイキングではありませんでした。

部屋に入るぞ!

今回は洋室ツインルームに宿泊。他に和室や和洋室などもあります。

レトロ調な洋室

ソファー、照明、テーブル、椅子、スリッパなどもいい雰囲気でした。
またルームキーもお洒落でした。

段差が気になるユニットバス

唯一気になった点が部屋の床とユニットバスの段差が激しいことです。
特にユニットバスを使用してから部屋に戻ろうとする時、ちょっと転びそうになります。

オテル・ド・マロニエの総評

オテル・ド・マロニエ、良かったです。
外観もさることながら、中ではゆったりくつろげました。

特に大浴場が予想以上に充実していました。

中世ヨーロッパの洋館らしく、館内に鎧や兜、剣士なんかあればもっと雰囲気出たのにな~って思いました(笑)。

湯の山温泉・廃墟ホテルと恋結び

湯の山温泉の魅力のひとつに廃墟ホテルがあります。おそらく廃業後15年以上経過しているであろうホテルがいくつもあります。

そしてこの場所は三重県屈指の心霊スポットとしても有名です。
そしてこの心霊スポットとしてのパワーが、また別のパワーを呼び起こして、筆者に大きな影響を与えてます。

乱立する廃墟ホテル

湯の山温泉街を歩いていると数多くの廃墟ホテルや廃墟屋敷に出くわします。
近寄ってみないと現役ホテルか廃墟ホテルかわかりにくいです(明らか廃墟なホテルもあるけどね!笑)

立ち入り禁止

廃墟ホテルは基本立ち入り禁止のロープが張られています。
まれに侵入する方もおられるようですが、壁や床が崩れやすく大変危険です。(特に夜)

外観だけでもかなり不気味で、周辺は異様な雰囲気に包まれています。

廃墟 ホテル・ブルー

オテル・ド・マロニエの近くに誘い橋(いざないばし)が架かっています。
誘い橋は元々、恋人との逢瀬(おうせ)を楽しんだという、ロマンチックな場所なのですが、それをぶち壊すように廃墟ホテルがあります(笑)。

ホテル・ブルー、1970年代に開業し2000年代初頭には廃業になっていたとされています。
ガレージの場所に入れたので、軽く探索してみました。

階段で二階まで上がれたのですが、床が抜けている箇所があったので軽く撮影だけにとどめておきました。

大石公園・折鶴伝説と古民家カフェ

恋結びの折鶴伝説

この湯の山温泉は恋結び・縁結びの地として有名です。
ロマンチックな場所なのですが、先の誘い橋同様、廃墟ホテルたちがそれをぶち壊しにしています(笑)。しかしこの廃墟ホテルの負のパワーが、この恋結びのパワースポットと化学反応を起こして、とてつもないパワースポットになっていると筆者は考えます。

江戸時代、とある二人が結ばれぬ恋を思いつめ湯の山に。
身を投げようとした時、一人の僧兵が「温泉にでもつかっていけ。」と思いとどまらせる。
その後、僧兵にお礼を言いに三岳寺を訪れた二人でしたが、僧兵はおらず、鶴を折ってお寺に奉納したら、その折り鶴は空へ飛び立っていったそうな…。

以来、この地は恋結び・縁結びの地として有名になり、さらにここの廃墟群のパワーも相まって、凄まじいパワーを発揮します。

余談ですが、筆者も2021年7月にこの地を訪れ、8月にはスピード結婚が決まるという信じられない現象が起きています。

大石橋と大石公園

かつて大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)が苗字と同じ地名のこの地を気に入って訪れていたそうです。

また夏には渓流プールで水浴びをする家族連れが多かったです。

古民家カフェ・森の音(もりのと)

渓流沿いの道を歩いていると古民家カフェ・森の音(もりのと)があります。

カレーライスやそば、ケーキなどの軽食とドリンク類があります。
この日は暑かったので、問答無用でビールを頂きました。

テラス席もありましたが、暑いので中で飲みました(笑)。

御在所ロープウェイ

ここからは湯の山温泉の人気スポット・御在所(ございしょ)ロープウェイの紹介です。

全長2,161m・高低差780m・片道約15分の長丁場のロープウェイになります。

湯の山温泉駅

ここでチケットを買ってロープウェイに乗ります。

夏季と冬季で営業時間が違うので注意して下さい。

大人往復 2,450円 小人往復 1,220円

4月~11月 9:00~17:00

12月~3月  9:00~16:00

ロープウェイ駅の構内には名物の大石焼が売っています。
ぜひ買ってみて下さいね。

ロープウェイに乗るぞ!

一分毎に出発するので、そこまで待たされる事はなかったです。
ゆったりと空の旅を楽しみましょう!!

約15分・・・結構高くて長いです。

山上公園駅に着くと、ロープウェイ博物館がありました。
ちなみに日本で初めてのロープウェイは三重県のようですね。(この御在所ロープウェイではない。)

御在所山上公園

レストラン・ナチュール

山上公園駅に着くと、三重県標高No.1のレストラン・ナチュールがあります。
その展望台からカモシカ広場が望めます。

ちょうどカモシカの親子が顔を出してくれました。

富士見岩展望台

しばらく歩くと絶景ポイントの富士見岩展望台があります。
ここは登山客にも人気のスポットなのですが、ちょうど雲が広がってきました(笑)。

まとめ

今回、大ボリュームで湯の山温泉を紹介しました。

温泉うんぬんよりも恋結びのパワー&廃墟ホテルの負のパワーが化学反応を起こして、筆者の結婚まで決定しました(笑)。

恐るべし湯の山温泉!!身をもって実感しました。

婚活女子にぜひおすすめしたい場所としてプッシュしたいです。
ではまた。

ブログランキング参加中!ポチッと応援お願い♪